スタッフ紹介

STAFF

ホーム > スタッフ紹介 > 嶌田 周一

ここから本文です。

嶌田 周一

工務部 部長 1998入社
二級ニット製品製造技能士

SHIMADA SHUICHI

Q&A

普段の仕事の内容は?

部長として、工場全体のマネジメントを行なっています。
業務は色々とありますが、生産計画や目標計画の進捗管理、部下の教育・指導が主なものです。
工務部としての年間目標を立て、その目標を達成するために具体的に「いつ誰が何をするのか」を計画し、各課の担当者に落とし込んでいきます。目標となるのは、会社全体としての長年の取り組みテーマである「製造ロス(不良率)の削減」や「稼働状況(生産高)の改善」などです。毎月の部内ミーティングで進捗状況を全員で共有し、次月の改善計画につなげていきます。

やりがいを感じる時は?

目標に向かって社員一人一人が同じ意識、同じ気持ちで一丸となって取り組む時です。
そういった前向きな、良い流れをチームの中に作り出すことが部長としてのやりがいだと思います。
そしてその結果、全員の力で年間目標を達成して1年を締めくくり、お正月を迎えられたときの嬉しさは格別です。

大切にしている心がけは?

作り手が靴下1枚に込める思いの大切さを、若手社員たちに伝えることです。
部長という立場上、どうしてもデスクワークにかける時間も必要になってきます。しかし、1日の大半を現場で過ごし、若手社員たちと一緒に仕事をするよう心がけています。

今後の抱負は?

ものづくりの現場として、ベテラン社員から若手社員へ技術の継承を進めていきたいです。
靴下の製造技術に「100点」はないと思っています。あらゆる問題に幅広い選択肢を持って対応できるようになるため、技術の引き出しを増やしていかなければなりません。今後も若手社員たちと一緒に、自分自身も成長していきたいと思っています。

キタイってどんな会社?

一流の技術力と営業力!…を目指して頑張っている会社です。

社員の雰囲気は?

工務部では現在約20名の社員とパートさんが、工場の稼働時間を分割して交替勤務に当たっています。その中で、ベテランから若手まで、しっかりとコミュニケーションが取れた良い雰囲気の職場だと感じています。

プライベートは?

スイミング、サッカー、ベースボールが趣味です。
(ただし、すべて「観戦」です笑)

一覧

Copyright © KITAI All Rights Reserved.

このページの先頭へ